インタビュー

第五十二回選ばれし者インタビュー!

つらら

今年、一気に才能が開花!?
『矢井出ハロウィン祭り~あなたをくれなきゃ豹変するぞ~』で安定した実力を発揮!
自身3回目の1位を獲得したのは、つららさん!
教室
儚井 祈

3回目の1位獲得おめでとうございます!

つらら

ありがとう

つらら

前回はなんやかんやアレで大変だったよね

儚井 祈

この前の『そっくりさん』の件ですか?
はい。私も本当に驚きました

つらら

だから今回はちゃんと鍵を閉めて…
もうこれでこの教室には二人っきりだね

儚井 祈

つららさん…私…

つらら

ゴクリ…

儚井 祈

い、いえ!やっぱり何でもありません。
それじゃあ気を取り直してインタビューしていきましょうか

儚井 祈

今回1位を獲得できた理由はなんでしょうか?

つらら

それはもう!!
早く祈ちゃんのインタビューを受けたかったから!
だからこそ頑張ったんだ!!

儚井 祈

…嬉しい、です。私の為にだなんて……
でも、つららさんならそう言ってくれるって…分かってました。
それで…

つらら

ゴクリ…

儚井 祈

で、では次に…
今のお気持ちを誰に一番伝えたいですか?

つらら

もちろん!祈ちゃんだよ

つらら

君にこの勝利を捧げたかったんだ。
受け取って…もらえる?

儚井 祈

つららさん……!
私…あの…

つらら

どうしたの?
大丈夫、言ってみて!!

儚井 祈

いえ……コホン…それでは次に…
『今回のハロウィンの中では……誰がお気に入りでしたか』…

つらら

それは海―

儚井 祈

つららさん…

つらら

は、はい?

儚井 祈

この質問が無意味であることに気づきました。
やめにしましょう

つらら

え…で、でも…

儚井 祈

そもそも私がエントリーされていないイベントなのにつららさんに『お気に入り』を聞く事自体がおかしい

儚井 祈

つららさんは私のことだけが好き。
他の女の子の名前を発言させるなんて、そんなひどいことできない…

つらら

もちろん!そ、そうだよね!
祈ちゃんは優しい子だね

儚井 祈

はい…祈はいつだってつららさんのことだけを考えていますから…
でも…あの…

つらら

ん?どうしたの?
やっぱり何か…!

儚井 祈

い、いえ!今はインタビューを優先しましょう。
それでは、ハロウィンの仮装で、一番好きなのはなんですか?

つらら

吸血鬼かな?
でも、祈ちゃんが着ていればなんでも!
っていうか、吸血鬼祈ちゃん希望っ!!

儚井 祈

そ、そうですか…あはは…

つらら

★つらら様プロデューストップページ画像

つららさんおめでとう!

まるで本物のようなクオリティーに盛り上がる仮装大会

つららさんおめでとう!

実は幕末最強とまで謳われた伝説の剣客!…なんてことはなかった

つららさんおめでとう!

街はハロウィン一色。でもお菓子よりイタズラ(意味深)を求める祈ちゃん

※上記のつらら様プロデュースのトップ画像は、当ゲームのトップページでも見ることができます


★【花嫁】祈ちゃんスペシャル壁紙

祈ちゃんの挙動がさきほどから明らかにおかしい。
何か言いよどむというか、何か言いたそうにしているというか、とにかくそんな感じだ。
ふと私は祈ちゃんを見る。

病んだ祈の目線がつららの後方へを見ており、何故か焦っている

よくみると視線が私の後方へと向かっていた。
そうか。やっと分かったぞ。つまり―

つらら

目線を合わせるのが恥ずかしくて出来ない、という事だね?

\バンッ!/
\バンッ!/
\バンッ!/

教室のドア窓からニセ祈(祈の顔を貼り付けた忘喰)が覗いている
ニセ祈

なんですかその生ぬるいインタビューは!!!
イチャコラしてんじゃないですよ!!えぇ?

ニセ祈

いいですか?インタビュワーとは本来、新聞部の忘―

\シャーッ!!/

ニセ祈が覗いていたカーテンを閉める

私は、ドアの横に都合よく付いていたカーテン的な布を勢いよく閉める。
カーテンの奥でドアを叩きながら、ニセ祈ちゃんのせわしなく動いている姿が見える。
インタビュワーの指名は儚井 祈ちゃん。他人はお呼びじゃあない。

つらら

苦労して手に入れたインタビューのチャンス。
今度こそ邪魔されてなるものか!!

儚井 祈

つららさん…あの…

つらら

あぁ!ごめんね。
とりあえず続きを―

振り向くと反対側の窓にべったりと張り付いたニセ祈(菱魅)
儚井 祈

こっちにも私が…!!

つらら

まじか

-完 -